避難場所とは?

避難場所とは?

避難場所とは、災害が発生した際に避難する場所のことです。
避難場所は、災害の種類や規模によって異なりますが、一般的には、学校や公民館、役所などが挙げられます。

避難場所の種類

避難場所には、大きく分けて以下の3種類があります。

指定避難場所

災害対策基本法に基づいて指定された避難場所です。
避難所の場所や設備、収容人数などの情報が公開されています。

広域避難場所

指定避難場所に収容できない場合に利用される避難場所です。
体育館や公園、倉庫など、指定避難場所以外の場所が広域避難場所として指定されることもあります。

自主避難場所

指定避難場所や広域避難場所が利用できない場合に、避難者が自ら避難する場所です。
自宅や親戚の家、友人の家などが挙げられます。

避難場所の選び方

避難場所を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

災害の種類や規模

災害の種類や規模によって、適切な避難場所は異なります。

避難場所までの距離

避難場所までの距離が短いほど、安全に避難できます。

避難場所の設備

避難場所には、トイレや飲み水、食料などの設備が整っている必要があります。

避難場所への避難方法

避難場所への避難方法は、災害の種類や規模によって異なります。

地震

地震が発生したら、まず身の安全を確保しましょう。
その後、落ちてきた家具やガラスなどの危険物から避難します。
避難場所までは、歩いて移動するのが一般的です。

台風

台風が発生したら、早めに避難しましょう。
避難場所までは、車や公共交通機関を利用して移動するのが一般的です。

大雨

大雨が発生したら、避難勧告が出ていないか確認しましょう。
避難勧告が出された場合は、早めに避難してください。
避難場所までは、車や公共交通機関を利用して移動するのが一般的です。

避難場所での生活

避難場所での生活は、以下のようなことに注意しましょう。

衛生管理

トイレや洗面所の利用は、決められた時間にしましょう。
また、手洗いやうがいをこまめに行うようにしましょう。

食事

避難場所では、食事が提供される場合があります。
食事は、きちんと食べるようにしましょう。

休息

避難場所では、十分な休息をとるようにしましょう。

避難場所の確認

避難場所は、定期的に確認するようにしましょう。
避難場所の場所や設備、収容人数などの情報が変更されている場合があります。