【ママ必見】子どもを守る防災対策10選!

【ママ必見】子どもを守る防災対策10選!

日本は災害大国です。近年は地震や台風、水害など、大きな災害が相次いでいます。
そんな中、子どもがいるママは、子どもを守るためにできることは何でしょうか?

このブログでは、子どもを守るための防災対策について、10の項目にまとめました。
ママが子どもを守るために、ぜひ参考にしてください。

1. 家族の防災意識を高める

まずは、家族全員で防災意識を高めることが大切です。
災害に関するニュースや情報を家族で共有し、災害への備えについて話し合うようにしましょう。

2. 避難場所・避難経路を決める

災害が発生した際に、家族が安全に避難できるように、避難場所・避難経路を決めておきましょう。
避難場所は、自宅から歩いて30分以内の場所を選ぶとよいでしょう。
また、避難経路は、普段から歩き慣れている場所を選ぶと安心です。

3. 防災グッズを用意する

災害が発生した際に、すぐに必要な防災グッズを用意しておきましょう。
防災グッズは、以下のものを用意しておくとよいでしょう。

・非常食(3日分)
・飲料水(3日分)
・懐中電灯
・ラジオ
・救急セット
・トイレ用品
・現金
・携帯電話

4. 子どもの防災教育をする

子どもは、大人の指示に従って行動することが大切です。
災害が発生した際に、子どもが自分で行動できるように、防災教育をしておきましょう。

防災教育をする際には、以下のポイントを押さえましょう。

・災害の種類や危険性について教える
・避難の際にどう行動したらよいか教える
・身の安全を守る行動を身につけさせる

5. 子どもの身を守るための工夫をする

子どもは、大人に比べて体力が弱いため、災害時の危険にさらされやすいです。
子どもの身を守るための工夫をしておきましょう。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

・子ども用の防災頭巾やヘルメットを用意する
・子どもが歩きやすい靴を用意する
・子どもが抱っこしやすいリュックを用意する
・子どもの連絡先を書いた名札を身につけさせる

6. 子どもの安全を確認する

災害が発生した際には、子どもの安全を確認することが大切です。
家族全員で集合場所を決めておき、災害の発生直後に連絡を取り合うようにしましょう。

また、子どもが学校や保育園にいる場合は、学校や保育園に連絡を取り、子どもの安否を確認しましょう。

7. 子どもの心のケアをする

災害は、子どもの心に大きな影響を与えます。
災害の後に、子どもが不安や恐怖を感じている場合は、心のケアをしてあげましょう。

子どもが安心して過ごせる環境を整え、子どもの気持ちに寄り添って話を聞いてあげましょう。

8. 地域の防災活動に参加する

地域の防災活動に参加することで、防災の知識や経験を身につけることができます。
また、地域の人と交流することで、災害時の連携が取れるようにもなります。

地域の防災活動に参加する際には、以下のようなものが挙げられます。

・避難訓練に参加する
・地域の防災組織に参加する
・地域の防災イベントに参加する

9. 防災グッズを定期的に確認する

防災グッズは、定期的に確認して、期限切れや劣化したものは交換しましょう。
また、子どもの成長に合わせて、防災グッズの内容を見直すことも大切です。

10. 防災意識を継続する

防災対策は、一度きりで終わりではありません。
常に防災意識を持ち続け、家族で力を合わせて備えていくことが大切です。

まとめ

子どもを守るためには、家族で防災意識を高め、しっかりと備えておくことが大切です。
今回ご紹介した10の項目を参考に、ぜひ防災対策を進めてください。