飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶とは?

飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶とは?

飲酒運転や無免許運転など、悪質・危険な運転は、重大な交通事故を引き起こす危険性があります。
これらの運転を根絶するためには、どのような対策が必要でしょうか。

飲酒運転の根絶とは?

飲酒運転の根絶とは、飲酒した状態で車を運転する行為をなくすことです。
飲酒運転は、アルコールの影響により正常な運転ができなくなるため、重大な交通事故を引き起こす危険性があります。

飲酒運転の根絶に向けた取り組みは、政府や警察だけでなく、企業や個人など、さまざまな主体によって進められています。

飲酒運転の根絶に向けた取り組み

飲酒運転の根絶に向けた取り組みは、大きく分けて以下の3つに分けられます。

啓発・教育

飲酒運転の危険性を周知し、一人一人の意識を高めることが重要です。
そのため、警察や交通安全団体による啓発活動や、学校での交通安全教育などが実施されています。

取締り強化

飲酒運転を厳しく取り締まることで、飲酒運転の抑止効果を高めることができます。
警察による飲酒運転の取締り強化が行われています。

社会環境の整備

飲酒運転を許さない社会環境を整えることも重要です。
そのため、飲酒運転撲滅のための法整備や、飲酒運転の代替交通手段の充実などが進められています。

飲酒運転を絶対にしない、させない

飲酒運転の根絶には、一人一人の意識が欠かせません。お酒を飲んだら運転しない、運転する可能性がある人にはお酒を飲ませない、という強い意志を持って、飲酒運転を絶対にしない、させないことが大切です。

まとめ

飲酒運転や無免許運転など、悪質・危険な運転は、重大な交通事故を引き起こす危険性があります。
これらの運転を根絶するためには、政府や警察、企業、個人など、さまざまな主体が連携して取り組むことが重要です。
一人一人が飲酒運転の危険性を理解し、絶対にしない、させないことが大切です。