【ぬりえ】備蓄の目安

 

こんにちは!防災小町です。

 

日頃の備えとして、備蓄はしっかりしてますか?

大規模な災害や新型インフルエンザ等の新型感染症が発生した場合、

家庭に食料品備蓄があれば安心です。

最低でも3日分、出来れば1週間分程度の家庭での食料品の備蓄に取り込むことが重要です。

※PCの方は上記画像を右クリックして、さらに左クリックして画像を保存するとダウンロードできます。

 

緊急時に備えて、まずここから食料品備蓄をはじめましょう!

※あくまで一例です。

【水】

飲料水として、1人当たり1日3リットルの水が必要です。

調理等に使用する水を含めると、9リットル程度あれば安心です。

【カセットコンロ】

熱源は、食料品を温めたり、簡単な調理に必要です。

ボンベも多めに備蓄しましょう。

【米】<エネルギー及び炭水化物の確保>

2㎏の米で、水と熱源があれば、(1食=0.5合=75gとした場合)

約27食分になります。

【缶詰】<タンパク質の確保>

缶詰は調理不要で、そのまま食べられるものを選ぶと便利です。

【乾物】<オススメ>

切り干し大根など、簡単に調理出来ます。

 

新しい備蓄の仕方、ローリングストックって知ってますか?

家族構成や生活スタイルにあわせて、食料や日用品を少し多く買い備えて、

備えたものを順番に使いながら新たに買い足していく

循環型備蓄(ローリングストック)といいます。

これだと、備蓄を収納するスペースが少なくなりますね。

 

食料品以外にも、生活必需品(簡易トイレ・トイレットペーパー・おむつ・生理用品など)も

一緒に備蓄しましょう。

生活必需品等の備蓄に関しては、また次回!

 

ぬりえは印刷して好きな色を塗って、

ご家庭や学校や会社などの目立つ場所に貼っていただくと

小町はとても嬉しいです。

(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

絵はまだまだですが、 これからいっぱい描いて上手になるぞぃ!