【ぬりえ】非常用持ち出し袋2

 

こんにちは!防災小町です。

 

避難した際、当面必要となる最小限の品を納めた袋が非常用持ち出し袋です。

非常用持ち出し袋はの中身は、それぞれ自分にとって必要な物を考え、

準備することが重要です。

非常用持ち出し袋の中身については、

【ぬりえ】非常用持ち出し袋 を参照してください。

※PCの方は上記画像を右クリックして、さらに左クリックして画像を保存するとダウンロードできます。

 

非常用持ち出し袋は、正しい置き場所においていないといざというときに

迅速な持ち出しができません。

非常用持ち出し袋を置く場所の前提として、

大切なのが「災害時にすぐに持ち出せる場所」であることです。

これを踏まえて、自宅用の非常持ち出し袋の正しい置き場所は以下の4つになります。

【玄関】

玄関は災害時、すぐに逃げるさいに必ず通る場所です。

また、基本的に避難時は靴を履いて逃げることになるので、

玄関に立ち寄る人も多いでしょう。

よって、自宅の避難経路になる玄関に置いておけば、

避難時そのまま非常用持ち出し袋を持って逃げることができます。

ただし、玄関に置くのは「多くの人の目につきやすい場所」というデメリットがあります。

来客から宅配業者まで、非常持ち出し袋が人目につきやすいため置きたくない、

という人も多いでしょう。

【キッチン】

非常持ち出し袋は、いつでも手に届く場所に置いておく前提から、

一日の大半を過ごす場所に置いておくのも有効です。

家庭の主婦の方で、キッチンで一日の大半を過ごしている人も多いでしょう。

家族が出かけている昼間に一人で避難しなければいけない時にも、

キッチンで過ごすことが多い人はキッチンに非常持ち出し袋を置いておくのも有効です。

ただし、キッチンはほかの置き場所よりも間取りが狭い場合が多いです。

よって、非常持ち出し袋の置き場所に工夫が必要になります。

【リビング】

リビングはキッチンと同じく、一日の大半を過ごしている場所のため、

非常用持ち出し袋の置き場所にも有効です。

家庭の主婦の人はもちろん、家族の分をまとめて置いておきたい時にも

リビングが選択肢のひとつになります。

ただしリビングも人目につきやすい、スペースがないため置き場所に困るなどの

デメリットがあります。

リビングは最適な非常用持ち出し袋の置き場所のひとつであるのにかかわらず、

これらの理由でほかの場所にしてしまう人も多くなっています。

【寝室】

時と場所を選ばず発生してしまう災害は、当然寝ている間にも起きます。

寝ている間に起きた災害時にも迅速に避難できるという理由から、

寝室も非常用持ち出し袋の置き場所の選択肢のひとつになります。

さらに、寝室は通常来客などが入らない部屋のため、人目につきにくいという利点もあります。

ただし、寝室が奥の部屋や二階にある場合、非常用持ち出し袋の取り出しに時間がかかるため

就寝時以外は逆効果のデメリットがあります。

あくまで玄関やリビングなど、ふだん過ごす場所に近いところに寝室がある場合は

有効な非常用持ち出し袋の置き場所になるでしょう。

 

【重要】

非常用持ち出し袋は、収納や見栄えなどの理由で「すぐには使わないから」と、

しまい込んでしまう人が多いです。

ところが、非常持ち出し袋は災害時に自分の命を守るためのものをつめ、

避難の際にすぐに持ち出して逃げられる場所に置くのが大前提です。

すぐに取り出せない場所にしまい込んでしまうのは絶対にやめましょう。

非常持ち出し袋をしまい込んでしまうと、

すぐに取り出せないだけでなく実際に災害が発生した場合、

「どこに非常用持ち出し袋をしまったか分からない」ということもあります。

せっかく用意した非常持ち出し袋の真価を発揮できなくなってしまうのです。

具体的なダメの場所としては、寝室の押し入れやクローゼットの中、庭のガレージ、

キッチンの床下収納などが該当します。

また、一方で人目のつかないところにしまい込んで良い災害対策への備えは、

自宅避難用の防災食料や水、防災グッズなどの備蓄品が該当します。

非常用持ち出し袋はいつでも持ち出せる場所に置き、

人目につかないところにしまうのは備蓄品、

というのを踏まえて災害への備えを進めましょう。

 

ぬりえを印刷して好きな色を塗って、

ご家庭や学校や会社などの目立つ場所に貼っていただくと

小町はとても嬉しいです。

(⋈◍>◡<◍)。✧♡

絵はまだまだですが、 これからいっぱい描いて上手になるぞぃ!