【まんが】その2 防災さんぽ

 

こんにちは!防災小町です。

 

防災さんぽって聞いたことありますか?

いざというときは慌てないように、

自宅周辺にある避難所や避難場所までの

避難経路などをしっかり確認しておくことが大切です。

思いもかけない災害だからこそ、事前の準備が大切なのは周知の事実。

 

ハザードマップを見るだけではなく、

最低でも年に1回、

出来ればウォーキングやジョギング、

犬の散歩や買い物などで出かけるときに

以下の4つを実際に歩いて確認してください。

・自宅から避難場所まで移動ができるか

・準備した避難グッズを持っての移動ができるか

・夜間や地震等で壁などが壊れていた場合、遠回りの経路や夜間経路でも移動できるか

・避難所まで移動ができない場合、代わりとなる場所があるかどうか

 

また、避難経路の途中に危険な箇所として

・ブロック塀が倒れてくる

・自動販売機が倒れてくる

・電柱が倒れてくる

・電線が切れて漏電している

・窓ガラスが割れて飛び散ってくる

・看板が落ちてくる

・崖が崩れている

・河川が氾濫している

などの危険が考えられます。

住宅火災などで道が通れない可能性もあります。

安全な数通りの避難経路を確認しましょう。

 

自分だけではなく、家族やご近所の方々とも

情報を共有しておきましょう。

 

日頃から防災について、家族で一緒に考えておきましょう。

 

 

ACジャパンが家族で休日に近所の散歩を楽しみながら

避難所などを確認することを「防災さんぽ」といいます。

日常の行動を通して自然災害に備えることを訴えるCMです。

詳しくは

https://www.ad-c.or.jp/campaign/self_all/self_all_01.html

をご確認ください。