【まんが】その5 防災マップ

 

こんにちは!防災小町です。

皆さんは自分の住んでいる地域の

防災マップ(ハザードマップ)を

見たことはありますか?

 

防災マップ(ハザードマップ)とは、

地震や河川の氾濫などの自然災害が発生した場合に、

住民が素早く安全な場所に避難するために必要な情報を、

地図上に描き記したものです。

 

避難場所や避難経路、

または危険が予測される区域を地図上に示すことによって、

住民の安全な避難を最大の目的とします。

防災マップ(ハザードマップ)の入手方法は、

住んでいる地域の役場や区役所や市役所などの

行政機関の窓口でもらえます。

 

最近では、役所のホームページで公開されています。

地域の災害の特色に合わせて、

・地震

・水害(河川)

・土砂災害

・津波

・火山

などがあります。

防災マップ(ハザードマップ)は

住んでいる地域の災害リスクを調べるときに役立ちますが、

これから土地や住宅購入を考えている場合にも強い味方となります。

 

物件を選ぶときには広さや間取り、

駅からの所要時間などを重視しがちですが、

ハザードマップも選定基準に入れてみてください。

 

また、賃貸物件であっても、

長く住むのであれば自然災害に遭うリスクを無視できません。

 

引っ越しの際にはその地域のことを事前に調べて、

防災面でも安心できる場所を選ぶのがオススメです。

 

リスクがわかれば適切な防災対策もでき、

災害時に安全を確保しやすくなります。

 

これから住んだことがない地域へ引っ越す場合や、

不動産を購入する場合にも、災害リスクは無視できません。

 

自然災害は起こらないことがベストですが、

日本に住んでいる以上は何らかの災害に

見舞われることも想定の範囲内と言えます。

 

全国のハザードマップ公表状況をまとめた「わがまちハザードマップ」です。

http://disaportal.gsi.go.jp/hazardmap/

※PC推奨

 

一部引用:ニフティ不動産

 

防災マップ(ハザードマップ)を見て、

自分の住んでいるとこは大丈夫だと安心してはいけません。

あくまで、行政が考えている想定の範囲内のことしか

記載されていません。

気候変動による台風の大型化など

これまで以上の災害が日本を襲います。

何時でも避難できるように、

避難所の確認や避難所までの経路の確認は

しっかりとしておきましょう。

 

想定外と言えば行政は責任を取らなくてもよい。

by 防災小町