【まんが】その12 就寝時の防災

 

こんにちは!防災小町です。

 

いつ起こるか分からない地震。

寝ている時に地震が起きたら、

どのように行動すればいいのでしょうか?

 

私たちの睡眠時間は6~8時間。

人生の1/4~1/3を寝ています。

寝ている時間帯(ほとんどの人は夜)に大きな地震が来たら

どのような行動をすればいいのでしょうか?

 

 

<準備>

 

・靴 スリッパ

スニーカーや長靴など靴底が丈夫で歩きやすいものが好ましい。

地震の揺れで物が床に落ちていたりした場合、

素足で脱出しようとするのはとても危険です。

ガラスやガレキが散乱してても、

スニーカーなど履き慣れた靴底が丈夫な靴があれば、

脱出の危険性も軽減されます。

 

・懐中電灯 ヘッドライト

もし停電した時でも安全に脱出できるようにするための

必須アイテム。

両手が使えるヘッドライトがオススメです。

 

・眼鏡 視力が悪い人

大きな揺れで眼鏡が飛んでいき、

行方不明にならないように、

ケース等に入れて固定した小物入れに

入れておきましょう。

暗闇の中、探すのは大変です。

 

 

<行動>

 

揺れている間に起き出そうとすると、

ベッドから転げ落ちたり落下物でケガをする恐れがあります。

揺れがおさまるまでは、

布団を頭からかぶって物がぶつかる衝撃を

少しでも軽減しましょう。

 

揺れが収まったら、

床に散ったガラスなどを踏まないよう靴やスリッパを履き、

外へ避難する動線を確保します。

停電で真っ暗なときは、ヘッドライトやスマホ画面の灯りを

頼りに動きましょう。

 

※家具の固定、配置はしっかりと対策しましょう。

 

 

小町のオススメYouTube

Takahashi Suzuki 

【重要】「防災グッズ」より 優先すること / 地震対策で本当に必要な準備 (字幕対応)