• より良い防災施策をご提案いたします。

近年、地震や台風などの自然災害の被害が拡大しています。

災害発生時に備えて、事前に準備しておくことが重要です。

しかし、防災グッズをたくさん揃えたり、複雑な知識を身につけたりするのは大変ですよね。

そこで今回は、「無駄のない自分だけのフィット防災」についてご紹介します。

フィット防災とは、自分のライフスタイルや環境に合った防災対策を行うことです。

必要なものだけを準備し、無理なく続けられる方法を見つけることが重要です。

・無駄な時間やお金をかけずに防災対策ができる
・自分に合った方法なので、継続しやすい
・災害発生時に、必要なものをすぐに取り出せる

・災害の種類や規模によっては、十分な対策にならない可能性がある
・定期的な見直しが必要

・自分の住んでいる地域の災害リスクを把握する
・普段の生活に取り入れられる防災対策を行う
・最低限必要な防災グッズを準備する
・防災知識を身につける
・定期的に防災計画を見直す

1.自分の住んでいる地域の災害リスクを把握する

    まずは、自分が住んでいる地域の災害リスクを把握しましょう。

    ハザードマップを確認したり、自治体の防災情報サイトなどで情報収集を行います。

    2.普段の生活に取り入れられる防災対策を行う

    普段の生活に取り入れられる防災対策には、以下のようなものがあります。

    ・家具の転倒防止
    ・非常用持ち出し袋の準備
    ・家族との連絡方法の確認
    ・食料や飲料の備蓄

    3.最低限必要な防災グッズを準備する

    最低限必要な防災グッズには、以下のようなものがあります。

    ・水
    ・食料
    ・懐中電灯
    ・ラジオ
    ・医薬品
    など

    自分にとって必要な物を準備しましょう。

    4.防災知識を身につける

    防災知識を身につけることで、災害発生時に適切な行動をとることができます。

    ・自治体の防災訓練に参加する
    ・防災に関する書籍を読む
    ・防災に関するウェブサイトを閲覧する

    5.定期的に防災計画を見直す

    防災計画は、定期的に見直すことが重要です。家族構成や住環境の変化に合わせて、必要な対策を更新しましょう。

    フィット防災は、無理なく続けられる防災対策です。

    自分のライフスタイルや環境に合った方法を見つけて、災害発生時に備えましょう。